12.26.2013

ディスクロージャーについて一番責任を持たなければいけないのは各上場企業ですが、監査法人や社外監査役なども大きな役割を認識しなければなりません。
企業の知り合いがほとんどノーチェック、もしくは企業の説明をそのまま真に受けるような形で報告書にお墨付きを与えるようではいけません。
監査法人も法人として経営を行っていかなければならないため、企業に対して強い姿勢で臨みにくいというなら問題の根は相当根深いところにあるといえます。

実際、オリンパス問題でも2つの監査法人が不正を長期間放置したままにしていた責任は大きいと言えます。
特に、あずさ監査法人から新日本監査法人に監査法人が変更されたタイミングで何ら情報開示がなされなかったというのは大きな問題です。

Leave a Comment