プロミスの申込みをするときに、一定の条件に該当する方は、「収入証明書類」の提出を求められることになります。

収入証明書類とは、「給与明細書」など本人の収入が分かるための書類のことで、「源泉徴収票」「確定申告書」などを使用することができます。

また、これらの収入証明書類が必要となる方は、「プロミスの借入希望額が50万円を超える場合」と「他社を含めて残高が100万円を超える場合」に必要になります。

非常に面倒に感じてしまうものですが、貸金業法の改正により、プロミスなどに義務付けられているものですので、どこに申し込む場合でも必要となるものになります。

もっとも、この条件に該当しない方は、運転免許証などの本人確認のための書類だけで申し込むことができます。

ここで、源泉徴収票や確定申告書を使用する方は、それが最新のものであることは当然ですが、給与明細書の場合は、「直近2カ月の明細」に、あれば「1年分の賞与明細書」を用意することになります。

賞与明細書など残っていないこともあるかも知れませんが、あれば審査のときに有利となるものになります。

もし、見つけることができない場合は、源泉徴収票などを使用すると良いでしょう。

Leave a Comment